fdFeedback
In wa

 

アドブロッカーが検出されました

 

ad

ええとああ! 広告ブロッカーを使用しているようです。

私たちはあなたのためにオンライン計算をするのに多くの苦労をしてきたので、このドメインのAdblockerを無効にすることによって私たちに許可するようにあなたに訴えています。

depreciation Calculator

減価償却 計算

減価償却方法

資産コスト

$
$

残存価額

減価償却年

ドルに丸める

コンベンション

稼働中(開始日)

減価償却係数

車の購入価格:

$

現在の車両の年齢

車を所有する年

減価償却率:

コストベース

$

回復期間(年)

ドルに丸める

稼働中(開始日)

ウィジェット!

この計算機をあなたのウェブサイトに追加してください:

減価償却計算機をWebサイトに追加して、Webサイトのユーザーが計算機を直接簡単に利用できるようにします。 また、このガジェットは100%無料で使用が簡単です。 さらに、複数のオンラインプラットフォームに追加できます。

app

減価償却費を計算してみませんか?このスマートな減価償却計算は、4つの異なる方法を使用して減価償却費を計算し、資産の価値が時間の経過とともに減少する速度を推定するのに役立ちます。

これ減価償却費計算を使用して、指定された減価償却方法を比較し、どれが最も適しているかを判断できます。

  • 定額法
  • 倍額定率法
  • 今年の数字の合計
  • 減額法

したがって、この財務計算機について知る前に、いくつかの基本から始めましょう!

非推奨とは何ですか?

減価償却は、経費、非経費であると言われ、資産の価値、耐用年数にわたる経年劣化、老朽化、または陳腐化の結果として減少します。一般的な用語では、減価償却は価値の減少です。

減価償却の例:

配送トラックが100,000ドルの会社によって購入され、トラックの予想使用量が5年である場合、企業は減価償却費で資産を5年間、毎年20,000ドルで減価償却する可能性があります。また、車両減価償却計算を試して、車両の減価償却費を知ることもできます。

減価償却の最も一般的な方法は何ですか?

企業が減価償却計算を実行するために使用するさまざまな方法がありますが、最も一般的な方法は次のとおりです。

減価償却の定額法:

定額減価償却(SLD)は非常に一般的で、減価償却費の計算に役立つ最も簡単な方法です。簡単に言えば、定額法の減価償却では、費用額は資産の耐用年数を通じて毎年同じです。 SLDには残存価額(耐用年数の終わりに資産を売却する際に所有者が受け取る推定値)が組み込まれています。今、減価償却費の計算方法を心配する必要はないかもしれません。減価償却が直線の場合、上記の直線減価償却計算を使用して減価償却費を計算できます。SLDメソッドは、固定分割払いメソッドとも呼ばれます。SLDの減価償却費の計算式については、以下を参照してください。

定額減価償却の計算式:

年間減価償却費=(資産のコスト-残存価額)/資産の耐用年数

どこ;

  • 資産のコストは、購入価格または履歴コストであると言われています
  • 残存価額は、耐用年数後に残存する資産の価値です。
  • 資産の耐用年数は、資産がビジネスによって使用されると予想される年数であると言われています

倍額減価償却法(DDD):

まあ、この減価償却方法は倍の減価償却率を含むものです。 DDDは、資産が後期よりも初期の方が生産性が高いことが多いという事実を反映しています。

さらに、実際の事実は、資産(新しい車を購入することを考えると)は、その使用の最初の数年間でその価値をさらに失うことを示しています。はい、DDDバランス方式では、減価償却係数はSLDまたは定額法の2倍です。ただし、2倍の減価償却減価償却 計算も、減価償却スケジュールを作成するときに同じ要素を考慮します。

倍額定率減価償却の計算式:

年間減価償却費= 2 x(資産のコスト–残存価額)/資産の耐用年数

または

倍額定率法減価償却費の計算式は次のとおりです。

減価償却費= 2 x資産のコストx減価償却率

総年数法:

Sum of Year’s Digits Methodは、減価償却を加速レートで認識する加速減価償却方法として知られています。これが、資産の減価償却額が、この年の数字の合計法に基づいて、異なる会計期間の一部に請求される理由です。

この割合は、特定の期間内の資産の残りの耐用年数と年の数字の合計との比率であると言われています。したがって、ブロックされた資本と呼ばれるこの部分、または資産から得られる利益は、最初の年で最高です。

したがって、資産が耐用年数の終わりに近づくにつれて、そのような資産から得られる利益は減少します。それまで資本が回収されていないため、初年度に最も多くの減価償却費が配分されるとされている。したがって、投資された資本の大部分が回収されたため、昨年は最低額の減価償却費を請求する必要があります。

年の合計の減価償却の計算式:

年数法の減価償却方程式は次のとおりです。

減価償却費=減価償却費x(資産の残存耐用年数/年の合計

どこ;

減価償却費=資産の費用–残存価額

年数の合計=(n(n +1))/ 2(n =資産の耐用年数)

減額法:

残高の減少減価償却方法は、減価償却法、減額法、および減少残高の固定パーセントとも呼ばれます。この減価償却方法によると、減価償却は、残高の削減と固定レートに基づいて行われます。そのような場合、減価償却は、資産の耐用年数にわたって、その評価減額に対して課されます。

減価償却方法によると、減価償却費が課せられる割合は一定のままで、減価償却額は年々減少し続けます!

還元法の計算式:

減価償却費=(年初の資産の簿価x減価償却率)/ 100

減価償却計算:

この単純な減価償却計算は、さまざまな減価償却方法を使用して、指定した年数にわたる資産の減価償却を計算するのに役立ちます。電卓では、定額法、定率法、年の合計法、減額法を使用して減価償却費を計算できます。このスマートな計算機は、単純な減価償却を計算するだけでなく、自動車の減価償却や物件の減価償却の決定にも役立ちます。つまり、この計算機は、不動産および自動車の減価償却費 計算でも機能します。

このツールで減価償却を計算する方法:

資産の単純な減価償却費を計算するには、次の手順に従う必要があります。

入力:

  • まず、ドロップダウンメニューから減価償却方法を選択する必要があります(定額法、定率法、年の合計、または減額法)
  • 次に、指定されたフィールドに「資産コスト」を追加する必要があります
  • 直後に、指定されたフィールドに「残存価額」を追加する必要があります
  • 次に、所定のフィールドに「減価償却年数」を追加する必要があります
  • 次に、「ドルへの丸め」の所定のフィールドから「はい」または「いいえ」オプションを選択できます。
  • 今、あなたは知らない場合、全月、半月、半年、または四半期のコンベンションを選択する必要があります、そしてそれを共通の全月に保ちます
  • 最後に、資産が使用された日付を入力する必要があります

:定率法を選択すると、[減価償却係数]フィールドが表示され、ここに値を入力する必要があります。

結果:

  • 電卓は即座に減価償却スケジュールを毎年表示します。このスケジュールには(開始簿価、減価償却率、減価償却額、減価償却累計額、および終了簿価)が含まれます。
  • また、私たちの計算機はあなたに「年ごとの簿価グラフの終わり」を提供します

車の減価償却 計算で車の減価償却を計算します:

私たちの車の減価償却費 計算は、あなたの車が何年後に価値があるかを計算するのに役立ちます。車の減価償却のこの計算機は、初年度と車両の減価償却の合計も推定されます。

自動車の減価償却費を計算するには、次の手順に従ってください。

入力:

  • まず、所定のフィールドに車の購入価格を入力する必要があります
  • その次に、車両の現在の年齢を入力する必要があります。車が新しい場合は、「0」と入力するだけです。
  • 次に、車を所有する年数を入力する必要があります
  • 次に、車の減価償却率をドロップダウンリストから選択する必要があります。次を含む4台の自動車の減価償却率を選択できます:高、平均、低、カスタム

結果:

  • この車の減価償却費 計算は、(最初​​の簿価、減価償却率、減価償却額、累積減価償却額、および期末簿価)を含む、自動車の減価償却スケジュールを毎年表示します。
  • また、電卓は毎年「Ending Book Value Graph」を表示します

プロパティ減価償却計算を使用してプロパティ減価償却を計算します。

私たちの不動産減価償却 計算は、住宅賃貸または非住宅不動産の減価償却費を計算するのに役立ちます。この計算機は、4562行19および20に関連するIRS(Internal Revenue Service)に従って減価償却の計算を実行します。

非常に使いやすく、以下の手順に従って資産の減価償却費を計算します。

入力:

  • 最初に、あなたはあなたの財産の元の値または償却費を指定されたフィールドに入力する必要があります
  • 次に、資産のアイテムの原価基準が回収される年数を入力する必要があります
  • 次に、「ドルへの丸め」の指定されたフィールドから「はい」または「いいえ」を選択します
  • 最後に、プロパティが意図した目的で使用され始めた月、日、年を追加する必要があります

結果:

  • プロパティの減価償却 計算は、プロパティの減価償却スケジュールを年ごとに表示します。スケジュールには(開始簿価、減価償却率、減価償却額、累積減価償却額、および終了簿価)が含まれます。
  • また、「End Book Book Value Graph Year Year」も表示します

どの減価償却方法を使用する必要がありますか?

実際、それぞれの方法を使用することには長所と短所があるため、どの減価償却方法が適しているかを知るのは難しい場合があります。

4つの異なる減価償却方法を選択する前に、資産の性質を考慮する必要があります。たとえば、生産性が低下して有用性が一定の割合で低下するかどうか、または値が突然低下するかどうかを検討する必要があります。

同様に、資産を一定の間隔で定期的に利用するのか、それとも長期間アイドル状態になるのかを検討する必要があります。

最終的には、複雑な減価償却方法を使用する必要があるのか​​、それともより単純な方法が最適に機能するのかを検討することが不可欠です。ただし、大規模な組織では、最も正確な減価償却方法を使用することがよくあります。ほとんどの小規模な組織、ビジネス、およびフリーランサーでは、定額減価償却で十分に判断でき、資産の価値がどのように低下​​するかを検討するには十分です。定額法による減価償却も計算する場合は、定額法による減価償却計算を試して、資産の価値がどのように減少するかを確認してください。